徹底して山形に密着したフリーペーパー

<荒井幸博のシネマつれづれ>カツベン!

2019年12月13日
映画への愛情溢れる娯楽作品

 「シコふんじゃった。」「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」などの秀作を世に送り出してきた屈指のヒットメーカー、周防正行監督が「舞妓はレディ」以来5年間ぶりに満を持して発表したのが本作。

<荒井幸博のシネマつれづれ>カツベン!

 音がないサイレント映画が庶民の最大の娯楽だった昭和初期までの時代、スクリーン脇で登場人物の台詞に声を充て、物語を説明する活動弁士「カツベン」がいた。人気カツベンともなると、時の総理大臣よりも給料が高かったという。
 そんなカツベンに憧れていたのが染谷俊太郎(成田凌)。ニセのカツベンとして泥棒一味の片棒を担いでいたが、そんな暮らしに嫌気がさして逃亡。流れ着いたのは小さな町の映画館で、閑古鳥が鳴く靑木館だった。

 靑木館でようやく本物のカツベンとして活躍できると意欲を燃やす俊太郎だったが、館主夫婦(竹中直人、渡辺えり)は人使いが荒く、傲慢で自信過剰なスター弁士(高良健吾)や呑んだくれの弁士(永瀬正敏)、気難しい映写技師(成河)と曲者ぞろい。そのうえ泥棒一味(音尾琢真)からは付け狙われ、警察(竹野内豊)からも追われる始末。
 そんななか、俊太郎は幼ななじみの初恋の相手(黒島結奈)と再会する。果たして俊太郎の夢と恋の行方は如何に…。

 主演の成田は「愛がなんだ」など2018年から20年にかけ出演が16本作に及ぶ超売れっ子だが、本役はオーディションで勝ち取った。イケメンだが何色にも染まることができるのが彼の武器。ヒロインの黒島は「いだてん」など出演作が目白押しの有望株で、清楚なたたずまいが大正時代の娘役にピッタリ。
 他に井上真央、周防作品常連の小日向文世、草刈民代、上白石萌音らが脇を固めている。

 劇中で上映される「怪猫伝」「火車お千」などのサイレント映画は周防監督の撮りおろし。チャップリンやキートン風のスラプスティック風ドタバタ騒動も含め映画愛に満ちあふれた娯楽作品。


<荒井幸博のシネマつれづれ>カツベン!
荒井幸博(あらい・ゆきひろ)

1957年、山形市生まれ。シネマパーソナリティーとして多くのメディアで活躍、映画ファンのすそ野拡大に奮闘中。現在FM山形で「荒井幸博のシネマアライヴ」(木曜12時)を担当。