徹底して山形に密着したフリーペーパー

第2回やまがた検定/めざせ!マイスター

2019年12月13日
 山形市の魅力を知って全国にPRしていこうと、市は来年2月22日に「第2回やまがた検定」を開催する。検定料は1000円で、当日はそば打ち、酒蔵見学、平清水焼、こけし絵付け、味噌つくりの体験コースの1つに参加できる特典も。
第2回やまがた検定/めざせ!マイスター

 検定は50問の選択式で100点満点。歴史、観光、産業、人物、食など幅広い分野から出題し、80点以上を1級の「やまがたマイスター」、70点以上を2級、60点以上を3級と認定する。
 同日は今年2月に開催した第1回の1級合格者が対象の上級検定も実施。事前に観光に関する提案書の提出を求め、当日の質疑応答でゴールド賞、シルバー賞、ブロンズ賞を決める。
 市が中心になって開催する検定は2回目だが、佐藤孝弘市長が2011年の市長選で落選後の14年、市民グループを結成して独自に「市民のためのやまがた検定」を開催した経緯がある。
 佐藤市長は「SNSなどで個人の発信力が高まっている時代だけに、多くの人に観光大使になってもらいたい」と参加を呼び掛けている。