徹底して山形に密着したフリーペーパー

ベルティーサイトウ山形店 こども眼鏡院が人気/成長に合わせてケア

2019年10月25日
 宝石・時計・眼鏡販売のベルティーサイトウ(長井市、齋藤繁喜社長)が山形市鉄砲町の山形店に開設した子ども用眼鏡専門店「こども眼鏡院」が話題を呼んでいる。豊富な品ぞろえと子どもの成長に合わせた各種サービスが人気で、連日のように親子連れが訪れている。
ベルティーサイトウ山形店 こども眼鏡院が人気/成長に合わせてケア

 こども眼鏡院は7月、岡山市の眼鏡店が全国展開するネットワークに加盟して山形店の一角に開設した。こども眼鏡院は東北では山形市と秋田市の2店だけという。
 0歳~18歳までを対象に、軽くて柔らかい素材のフレーム約300本を常時そろえ、レンズも治療用、スポーツ用、勉強用と幅広い。価格はレンズ込みで1万~3万円。
 子どもは視力変化が激しく、動いて眼鏡が壊れることも多いだけに、2年間で最大3回のレンズ交換無料、1年間フレームの修理無料、調整・クリーニング無料などサービスも充実している。
 齋藤社長は「お子様の眼鏡選びで大切なのは成長期に適正な視力が得られること。専門店としてそのサポートができれば」と話している。