徹底して山形に密着したフリーペーパー

高橋畜産食肉 元気市場銅町店を閉鎖へ

2019年10月11日
 高橋畜産食肉(山形市、髙橋勝幸社長)は11月30日で市内銅町の生鮮市場「元気市場たかはし銅町店」(写真)を閉鎖する。同社では市内元木で建て替え中の旧元木店を12月上旬に「mohz(モーズ)」としてリニューアルオープンする予定で、銅町店閉鎖は「経営資源を集中するため」(髙橋社長)としている。
高橋畜産食肉 元気市場銅町店を閉鎖へ

 元気市場銅町店はもともと県内スーパー最大手のヤマザワの銅町店として1962年に開業したが、ヤマザワ撤退後の97年に共栄システムズ(山形市)が「食品卸値いちば」として引き継ぎ、卸値いちばが閉店した2008年からは高橋畜産が元気市場銅町店として営業していた。
 高橋畜産のほかテナントとしてグリーンショップはらだ(山形市)、魚のいたさか(寒河江市)が入居しており、3社はモーズで営業を継続する。高橋畜産は市内上町でも「元気市場たかはし上町店」を営業している。

高橋畜産食肉 元気市場銅町店を閉鎖へ