徹底して山形に密着したフリーペーパー

《おしえて!! 編集長》 ホテル&ブライダル どうなってるの?

2007年7月27日
 急速に都市化の波が押し寄せる山形。こうした流れを加速させているのが県外企業の参入で、「やまコミ」でもこれまで特集記事として「スポーツクラブ」「葬祭場」「自動車教習所」「ガソリンスタンド」などにスポットを当ててきました。今号ではホットな話題が続く「ホテル」「ブライダル」を一挙特集——。
《おしえて!! 編集長》 ホテル&ブライダル どうなってるの?
ホテルキャッスルの経営者が変わったんですよね。

キャッスル
仙台ホテルと同じ構図

 「ホテルキャッスルは山形三菱自動車販売が実質的に経営していて、社長も山形三菱出身者が続いていた。山形三菱はキャッスルのほかタクシーの八千代交通、貸切バスの八千代観光、宮城県の複数の自動車ディーラーを系列に抱え、『八千代グループ』っていう企業集団を形成していたんだ」
 「そのキャッスルが6月30日付で山形三菱のもとを離れ、東京の不動産会社ケン・コーポレーションの傘下に入った。ケンは国内外に約20のホテルを抱えており、仙台市で2年前に倒産した老舗ホテル業の伯養軒から『仙台ホテル』を買収したのもケンだった。今回はこれとまったく同じ図式になる」

山形三菱はどうしてキャッスルを手放したんですか?
《おしえて!! 編集長》 ホテル&ブライダル どうなってるの?
ホテル間の競争激化

 「ホテル間の競争が激しくなる一方だからだよ。山形市にはキャッスルを含め宴会場を備えたシティホテルが5つあって、こことの競争のほか、最近は宿泊特化型のビジネスホテルの全国チェーンが続々と開業していて、ビジネスとの宿泊客争奪戦も激化してるんだ」

大規模投資の余力なく

 「八千代グループではこれまで保有資産を切り売りしたり、リストラしたりしてキャッスルの赤字を食い止めてたんだけど、それも限界にきてた」
 「このまま営業を続けても赤字が膨らむだけ、赤字体質から脱却するにはリニューアルなど大規模な設備投資が必要だが、もう八千代グループにそんな余力はない——こんな判断が働いたようだ」
 「でもキャッスルは実質赤字といっても現状では債務超過にはなってなかったから、この時点での売却は結構ドライな選択だよね」

八千代グループは解体

 「山形三菱も東京の太平興業に売却されたんだけど、太平興業の武藤幸規社長は山形市に本社がある第一貨物の社長も兼ねてて、定期的に山形にも来てるから、県外企業に買収されたっていうイメージはあんまりないなあ」
 「ただ売却先が県内企業だろうが県外企業だろうが、キャッスルと山形三菱という中核企業を失ったことで『八千代グループ』は事実上、解体・消滅しちゃったわけだ」

今回の特集は「ホテル」「ブライダル」なんですけど、両者に何か関連はあるんですか?
宿泊から婚礼にシフト
宿泊から婚礼にシフト

 「……。ホテルは宿泊だけじゃなくてブライダルもだろ。キャッスルは来年3月までに約5億円をかけて屋外チャペルの新設などを目玉にブライダル需要の取り込みに重点を置くらしい」
 「キャッスル以外のシティホテルもブライダルの充実には特に力を入れてて、宿泊客をビジネスホテルに奪われている分、この分野に活路を見いだそうとしてる」
面白い計画とか企画とか持ってるホテルあります?
《おしえて!! 編集長》 ホテル&ブライダル どうなってるの?
ペット
ペットが祝う結婚式も

   「キャッスルと同様、1年前に百貨店の大沼の手を離れて横浜市の不動産会社が経営するようになったオーヌマホテルが面白いかも。新生オーヌマの安達精治社長は全国で19件のホテル再生を手がけた実績を持つほか、早稲田大学の客員教授の肩書きも持ってて、ユニークな発想で定評がある」
 「ブライダルでは既存の屋外チャペルを利用した『ペットが祝う結婚式』なんかを提案してる。ミニチュアダックスフントのオス「ガーデン君」とメス「フェアリーちゃん」をホテルで飼ってて、口にくわえたブーケを新郎・新婦に渡してくれるらしい=写真。
 あとプーケット島にあるゲストハウスを使ってのタイ式結婚式の橋渡しなんかもオーヌマでやってる」
《おしえて!! 編集長》 ホテル&ブライダル どうなってるの?
キャー、面白そう!でも山形市周辺でブライダルっていえばパレスグランデールのイメージが強いですね。

パレスが圧倒的シェア

 「山形市周辺では圧倒的なシェアを持ってるからね。昭和37年の地元創業で、強固な冠婚葬祭互助会を持ってるのが強みになってる。あと豪華で重厚な建物も歴史や伝統を重んじる山形人の心をくすぐるんだろうな」
 「パレスって、一般的には100人以上の大型挙式を思い浮かべるけど、20〜30人の小規模組織にも対応している。社員教育に力を入れているのも有名で、ウエディングプランナーの質も高いとか。8月は秋のブライダルフェアとか夏休みスペシャル相談会とかやってるらしいから、カッシーも行ってみれば。あ、相手いないんだっけ」

……(怒)。あと新規参入する県外企業もあるんですよね。
《おしえて!! 編集長》 ホテル&ブライダル どうなってるの?
新規参入、アンサージ

 「福島県郡山市のライフアンサージが山形市松波4にあった山形セントキャサリン教会を取得、レストランと宴会場を新たに併設した結婚式場『ベル・ブランシェ』を来年3月にオープンさせる予定だ。同社は葬儀場では県内3ヵ所に『さがみ典礼』を矢継ぎ早にオープンさせたけど、結婚式場の山形進出は初になる」
 「施設は美術館をイメージしたモダンな内外装にし、大都市圏で流行のレストランウエディングやハウスウエディングにも対応するという。同社のリサーチによれば、山形のウエディング形態は他地域に比べて保守的で、格式ばった従来のスタイルに代わり、自由でアットホームな雰囲気の挙式を提案していきたいとしている」

キャッスルやライフアンサージの新施設が完成する来年3月から、ブライダル競争はますます激しくなるわけですね。