徹底して山形に密着したフリーペーパー

<荒井幸博のシネマつれづれ>記憶にございません!

2019年9月13日
三谷作品の最高傑作か

 9月13日から公開される「記憶にございません!」は、ほぼ一貫して喜劇を追求してきた三谷幸喜監督の8作目の長編映画作品。何かと話題の“首相官邸”を舞台にした物語である。

<荒井幸博のシネマつれづれ>記憶にございません!

 金と権力の亡者で支持率は史上最低という総理大臣・黒田啓介はある日、演説中に投石が頭に当たり記憶喪失になってしまう。
 国政の混乱を避けるため、国民はもちろん、大臣、家族にさえ記憶を失ったことを隠し、3人の秘書官のサポートを受けながらかろうじて日々の公務をこなしていく。
 こんな緊急事態に米国大統領が訪日するというから、さあ、大変――。

 史上最悪の嫌われ総理を演じるのは中井貴一。国会で「記憶にございません。記憶にねえんだよ!」と憎々しく言い放つ芝居は誠実なイメージが強い中井の真骨頂。
 支持率最低の悪徳政治家から、一夜にして“善良で純朴な普通のおじさん”に変貌してしまった男を見事に演じている。
 三谷監督は、自身の作品に舞台も含め多数出演してきた中井でコメディ映画を作ろうと13年前から考えていたとか。
 中井の持つ誠実な部分、とぼけた部分、黒い部分の3つを活かす物語にしようと「アクシデントによる総理の記憶喪失」というアイデアを思い立ち、脚本を練り上げたのが本作で、その狙いはズバリと的中した。

 総理を支える首相秘書官のひとりにディーン・フジオカ、政界を牛耳る剛腕官房長官に草刈正雄、総理をゆするタブロイド紙のフリーライターは佐藤浩市。このほか小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、田中圭ら豪華な顔ぶれが持ち味を存分に発揮している。
 意外なキャストは元NHKアナウンサーで現在はフリーの有働由美子で、最後まで彼女と気付かずにいたが、エンドクレジットで「してやられた!」の想いを抱く。

 この作品、「THE 有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」などの話題作を送り出している三谷監督の最高傑作か。


<荒井幸博のシネマつれづれ>記憶にございません!
荒井幸博(あらい・ゆきひろ)

1957年、山形市生まれ。シネマパーソナリティーとして多くのメディアで活躍、映画ファンのすそ野拡大に奮闘中。現在FM山形で「荒井幸博のシネマアライヴ」(木曜12時)を担当。