徹底して山形に密着したフリーペーパー

広重美術館(天童市)企画展「うきよえQ」/クイズに答えながら鑑賞

2019年8月23日
 「浮世絵の当時の値段はいくらぐらい?」「江戸の屋台で生まれた食べ物は?」――天童市の広重美術館で8月30日から、クイズに答えながら浮世絵を鑑賞する企画展「うきよえQ」が開催される。
広重美術館(天童市)企画展「うきよえQ」/クイズに答えながら鑑賞

 クイズは浮世絵の基礎、江戸の人々の暮らし、旅の様子など様々なジャンルから出題、浮世絵初心者にも楽しめるよう4択から解答する。平易な問題から難問、奇問に至るまで、考えをめぐらせながら約70点の浮世絵版画、版本、肉筆画などを鑑賞する仕組み。
 同館では「もともと浮世絵は気軽に楽しむもの。子どもから大人までクイズにチャレンジして浮世絵を身近に感じて欲しい」と呼びかけている。
 広重美術館は江戸時代後期、親交があった天童藩のために肉筆画を描いた歌川広重の作品を集めて1997年に開館した浮世絵専門の美術館。
 会期は前期が9月30日まで、後期が10月4日から10月28日まで。入館料は大人600円、高校・大学生400円、小学・中学生300円。問い合わせは023-654-6555まで。