徹底して山形に密着したフリーペーパー

<荒井幸博のシネマつれづれ>アルキメデスの大戦

2019年7月26日
大和建造を新視点で描く

 日本が欧米列強との対立を深める昭和8年、海軍省の上層部は世界最大の戦艦「大和」の建造計画を秘密裏に進めていた。

<荒井幸博のシネマつれづれ>アルキメデスの大戦

 これに対し、これからの戦いは航空戦になると見通していた海軍少将・山本五十六(舘ひろし)は、必要なのは戦艦ではなく航空母艦だと主張するが、上層部は聞き入れない。
 危機感を強める山本は天才数学者の櫂直(かいただし、菅田将暉)を海軍に招き入れ、大和の建造にどれだけ巨額の費用がかかり、国家予算を圧迫するかを算出しようとする。やがて櫂と山本は、建造計画の裏に隠された不正も見つけ出すのだった――。

 三田紀房による同名マンガを「ALWAYS三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督が実写映画化した作品。三田は東京五輪に向けた国立競技場の建設を巡り、膨大な費用がかかることから議論が沸騰したことに着想を得たとか。大和建造時もかくやと思い、必要派と不必要派の対立という構造を考えたという。
 ちなみに時代が下った昭和60年代、当時の大蔵官僚の間で大和建造は伊勢湾干拓、青函トンネルと並び、税金の膨大な無駄遣いとして「昭和の三大バカ査定」と揶揄(やゆ)されている。

 冒頭に描かれる大和の沈没シーンのリアルな描写に圧倒される。山崎監督お得意のVFXを駆使してのものだが、まさに面目躍如で、今年の映画の中でトップレベルの視覚的インパクトを放つ。
 櫂を演じた管田の俳優としてのポテンシャルの高さに舌を巻く。造船中将・平山忠道を演じた凄みある田中泯と才気煥発な菅田とは対照の妙。菅田と田中少尉役の柄本佑のバディ関係も楽しい。山本役の舘ひろしと建造推進派の嶋田少将役の橋爪功との舌戦も見もの。

 新たな視点から日米戦争が俯瞰(ふかん)できる反戦映画。8月6日広島、9日長崎の被曝、そして15日は終戦の日。あの悲惨な戦争体験者が次第に姿を消していくなか、改めて戦争の罪悪と平和の尊さを考えたい。


<荒井幸博のシネマつれづれ>アルキメデスの大戦
荒井幸博(あらい・ゆきひろ)

1957年、山形市生まれ。シネマパーソナリティーとして多くのメディアで活躍、映画ファンのすそ野拡大に奮闘中。現在FM山形で「荒井幸博のシネマアライヴ」(金曜15時)を担当。