徹底して山形に密着したフリーペーパー

夏を健康で乗り切ろう お酢を使ったレシピ

2019年7月12日
 夏は体調不良を起こしやすい季節。また強い紫外線とエアコンによる乾燥で、お肌のダメージも気になります。そこでお勧めしたいのが「お酢」。疲労回復や食欲促進、免疫力や代謝UPのほか、体内でビタミンCの破壊を抑えてくれる効果も!
夏を健康で乗り切ろう お酢を使ったレシピ
 ピクルス 
お好みで甘さや酸っぱさを調整してどうぞ。
カラフルな野菜を揃えて、栄養も見た目もバランスよく!

【材料】
A┌・水………………………500ml 
 │・酢………………………200ml
 │・ニンニク……………………1片
 │・ローリエ……………………2枚
 │・塩………………………大さじ2
 │・オリーブオイル……小さじ1/2
 │・砂糖………………………50g
 └・粒コショウ……………10個程度
〇お好みのお野菜
 右の写真はキュウリ、プチトマト、ミョウガ、ブロッコリー、ラディッシュなど。
 パプリカやオクラなどもお勧め。

【つくり方】
(1) Aを鍋に入れて火にかける。砂糖がとけて、煮えてきたら火をとめて冷ます。
(2) 清潔で密封できる瓶に、食べやすい大きさにカットした野菜を入れ、(1)を流し入れる。
(3) 一晩ねかせたら出来上がり。

夏を健康で乗り切ろう お酢を使ったレシピ
 フルーツビネガー(はちみつバナナ)
栄養満点のバナナとはちみつを使った、お勧めレシピ。
水や炭酸水で割って飲んでも、ヨーグルトにかけても。

【材料】
 ・黒酢………………………150ml(りんご酢でもOK)
 ・黒砂糖……………100g(はちみつ50gでもOK)
 ・バナナ……………………1本(100g)

【つくり方】
(1) ボウルなどの耐熱容器に材料を入れ、電子レンジで60秒加熱する。
  (熟しきったものは30秒程度でOK)
(2) 耐熱容器を振り、バナナの表面が溶けてなじむようにする。
(3) 保存容器に移し替え、冷蔵庫で1日置いて出来上がり。
  バナナは傷みやすいのでお早めに。

※保存するビンは消毒を。火傷に注意しながら、フタや瓶にまんべんなく熱湯をかけて、乾燥させてから使用を。
※空腹時の酢の大量摂取は胃を痛めるので、食中、食後がお勧めです。適量を心がけましょう。