徹底して山形に密着したフリーペーパー

2008 新成人インタビュー

2008年1月11日
おめでとう、大人の仲間入り!

 山形市では1月14日(祝)に成人を祝う記念式典が開催され、男性1405人、女性1343人、合計2748人が祝福を受けます。
 この晴れやかな記念日を目前にした3人のみなさんの今の表情ををご紹介します。
2008 新成人インタビュー
鞠子 梨奈さん  (山形市下宝沢)

 山形大学の看護科に籍を置き、1月15日からは病院実習もスタートするとか。将来は地元に残って看護師として活躍したいという。

          ◇          ◇

 「最初は別の着物を選んで家まで帰ったんだけど、迷ったこの着物が気になってお店にUターン。こっちにして良かったって家族も言ってくれました。 成人式当日は中学の同級生と会うのが今から楽しみ!」(布施弥七京染店で開催された写真撮影会で)
2008 新成人インタビュー
曽田 さおりさん  (山形市上町)

 仙台の美容専門学校に通い、現在は2月に控えた国家資格取得試験に向けてカットやパーマなど実技の猛特訓中。4月からは山形市内の美容院に就職が決定している。

         ◇          ◇

 「本格的に着付けをしてもらうのは今回が初めて。でも、お店の人がバッチリ私好みの新作の着物を選んでくれて、すぐに決めました。ヘアも自分がショートだと忘れてしまうくらい自然で新鮮!私も将来こんな風にみんなの髪をアレンジできるようになりたいです」(衣装合わせで訪れたオンディーヌで)
2008 新成人インタビュー
佐藤 絢香さん  (山形市小荷駄町)

 県立保健医療大学の2年生で、将来は「保健室の先生」になるのが夢。4人姉妹の長女らしく、もっと教養を磨いて人を元気づけられる女性になりたいとか。

          ◇          ◇

 「昨年1月、初めてTWOエンジェルのドアを開いた私。スタッフの方(全て女性!)が明るい笑顔で出迎えてくれてすぐに緊張も吹き飛びました。お話ししているうち、ファッションショーのモデルを体験することに。着物も髪もメイクも写真も全部お任せだったのですが、モデルさんみたいに仕上げてくれて私も家族も大感激。以来ずっとお世話になっています」(ショーの記念撮影で)