徹底して山形に密着したフリーペーパー

あつみ温泉の旧萬国屋 特別清算開始

2019年4月26日
 鶴岡市あつみ温泉の老舗旅館、旧萬国屋が山形地裁鶴岡支部から特別清算開始命令を受けた。負債総額は31億6800万円。メーンバンクの荘内銀行は約22億円の債権放棄に同意している。
あつみ温泉の旧萬国屋 特別清算開始

 萬国屋は江戸時代前期の寛文年間の創業。客室数は約130と県内有数の規模を誇り、全国からのツアー団体客を主な得意先にピークとなる1997年(平成9年)には約32億円の年間売上高を計上したが、団体客の減少や客単価の下落などで売り上げは次第に減少、直近は慢性的な赤字から債務超過に陥っていた。
 このため2月に上山市の大型旅館・古窯に営業を譲渡、負債を受け継いだ旧萬国屋は「ミリオン」に社名を変更して解散・清算業務を進めている。