徹底して山形に密着したフリーペーパー

マイ英語スクール 学校長 平具蘭土 来安さん

2019年4月26日
平具蘭土 来安(ライアン・ヘイグランド) 1975年、アメリカ・オレゴン州出身。シアトルパシフィック大学卒業後、外国語青年招致事業(JETプログラム)に応募して真室川町の小中学校で英語指導助手として働く。3年後に山形学院に転じ、山大生だった真希さんとの結婚を経て2008年に東根市に英会話教室「マイ英語スクール」を開校。これまでの間、事業を拡大し、現在は県内に8教室、兵庫県川西市に2教室を構えるほか14年には県内初の認可外保育施設「バイリンガル学園」をオープン。東根市在住、3男の父、44歳。
マイ英語スクール 学校長 平具蘭土 来安さん

山形のラーメンも大好き
  特に醤油・味噌味より塩味が

――山形にいらしたきっかけって?

真室川で英語教師

 「まず外国で暮らしてみたかったんですね。それでいろいろ調べてみたらJETプログラムというのを知って、応募して日本に行くことになりましたが、日本のどこに行くかは自分では決められないんですよ」
――山形の、よりによって真室川とは(苦笑)
 「来る前は『日本』といえば『東京』のイメージで。それが人は少ないし、雪は降るし、コンビニもないしで、最初は戸惑うことばかり(笑)。でも言葉が通じなくても周りの人が親切にしてくれて、3年間の真室川生活は楽しかったです」
――奥さんとは?
 「芋煮会で知り合いました(笑)。結婚後、教員免許を取るためオレゴンの大学院に戻り、卒業後に山形に帰って進路で迷いました。英語教師としてどこかに勤めるか、自分で教室を開くか」

33歳で東根市で開業

 「そんな時に東根で英会話教室をやっていた友人が日本を離れることになり、店舗や生徒を引き継ぐ形で始めたのが『マイ英語スクール』です。33歳の時で、私と妻と以前からのスタッフ3人だけのスタートでした」
――ふ~ん。
 「当初からレベルによるクラス分けや講師陣の質にこだわり、徐々に実績や知名度が上がっていって、現在では10教室、スタッフ数は32人、生徒数は1050人です。英語教室としての県内での序列だと、全国展開の大手を除く地場の中では最大手なんじゃないかな」
――兵庫の2校が突飛な感じがしますけど。
 「県外での展開を探っていたところ、これも知人がやっていた兵庫の教室を引き継ぐことになって。距離はありますが、山形空港から伊丹空港までは1時間ちょっとだし、新幹線で東京に行くより早いんですよ」

毎日が忙しく

――でも、1人でそれだけの教室をみるって。
 「大変です(笑)。明日は鶴岡、明後日は兵庫。私はもとは教育者ですが、教室が増えていくとビジネスの知識も身につけていかないと。だから毎日が勉強で、たまの休みの日も仕事の整理に追われてますね」

私生活もエンジョイ

 「でも私生活もエンジョイしてます。100キロの山道を歩くイベントには毎年参加してたし、寿司やソバ、日本酒も大好き。昨日もアメリカから来た旧友を贔屓(ひいき)にしてる天童の寿司屋さんに連れて行きました(笑)」
 「東根さくらぼライオンズクラブに加盟していて、3年後には会長を仰せつかってます」
――すっかり山形に溶け込んでますね(笑)