徹底して山形に密着したフリーペーパー

仮店舗で営業してま~す/グリーンショップはらだ

2019年1月25日
 山形市元木の生鮮市場「元気市場たかはし元木店」が建て替えのため1月11日でいったん閉店したのを受け、同市場の青果物テナント・グリーンショップはらだ(山形市、原田芳昭社長)が17日から隣接地の仮店舗で営業を再開している。
仮店舗で営業してま~す/グリーンショップはらだ

 店舗面積は約50平方メートルとたかはし元木店の半分以下だが、全国各地から集めた旬の青果物をところ狭しと並べ、看板娘で「野菜ソムリエ上級Pro」の資格を持つ山口美香さんが切り盛りする店内は熱気でいっぱい。肉類や日廃品も品ぞろえし、地域住民にとっては頼もしい存在になっている。
 清住町から家族4人で来たという岡村一詞さん(33)は「食べごろや料理法を教えてくれるので、以前からはらださんのファン。営業を続けてくれて助かります」とニッコリ。
 原田社長は「狭くて完璧な品ぞろえはできないが、地域の人たちの利便性が損なわれることのないよう頑張りたい」と語る。仮店舗営業はたかはし元木店がリニューアルオープンする今年秋まで続けるという。