徹底して山形に密着したフリーペーパー

「福祉のしごと」って?/11月11日は「介護の日」

2018年10月26日
 11月11日は「介護の日」というのをご存知ですか?高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民に広く関心を持ってもらうことを目的に2008年に定められた記念日です。そこで今号では介護のお仕事の現状について、ハローワークの高橋さんに質問してみました。
「福祉のしごと」って?/11月11日は「介護の日」

Q 介護や福祉施設での働き方について、実情を知りたいのですが…。

 専門の学校を卒業された人や、他業種から転職された人、中には他業種で定年を迎えた後、再就職先として介護・福祉施設を選んだという人もいます。フルタイムに限らず、パートなど柔軟な働き方が選択できるのがこの仕事の特徴です。
 また、資格がないままに入職し、事業所の援助を受けながら国家資格を取得して活躍している方も多数います。
 「介護の仕事は大変」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、処遇の改善や介護機器も進化しており、働く環境は確実に良くなっています。

「福祉のしごと」って?/11月11日は「介護の日」

Q ハローワークでの支援は?

 求職者対象の介護施設見学会を開催したり、無料で介護の資格取得ができる職業訓練をあっせんしたりして、就職を後押ししています。
 見学会は、実際にスタッフの働いている姿をご覧いただき、自由に質問できるので毎回好評です。また11月11日の「介護の日」に合わせ、「福祉のしごとフェア」を開催しています。

Q 介護の日って?

 「いい(11)月、いい(11)日、あったか介護ありがとう」を念頭に、親しみやすい語呂合わせとして、2008年に厚生労働省が制定しました。11月に開催する「福祉のしごとフェア」には、毎年多くの方に参加いただいています。

「福祉のしごと」って?/11月11日は「介護の日」

Q 「福祉のしごとフェア」って?

 福祉の就職イベントとしては県内最大で、今年は11月13日、山形市の山形国際交流プラザ(ビッグウイング)で開催します。
 約80社がブースを出展する面談会では、たくさんの情報を収集し、魅力に触れることができます。各事業所のPR資料をまとめた冊子もお配りする予定です。
 「日本1かっこいい介護福祉士」として知られる杉本浩司さんの講演会やスタンプラリーなど多彩なイベントも盛りだくさん。ぜひ足をお運びいただき、あなたにマッチする事業所をみつけてほしいものです。

Q 誰でも参加できるの?

 もちろん。介護に興味のない人にこそ来ていただきたいイベントです。介護機器の展示、現場で輝く職員さんの写真展、また現場で働く介護男子・女子と気軽に交流できるエリアもあるので、フェアに参加して仕事の魅力を感じてもらえれば嬉しい。参加すれば絶対にイメージが変わること請け合いです。

「福祉のしごと」って?/11月11日は「介護の日」
「福祉のしごと」って?/11月11日は「介護の日」