徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形の誇り/J1昇格に黄信号

2018年9月28日
 モンテは24日にアウェーで金沢と対戦し、0―1で敗れました。通算成績は13勝10分け11敗、順位は9位のままですが、プレーオフ(PO)圏内が遠のく痛い敗戦です。
山形の誇り/J1昇格に黄信号

 試合は前半8分、DFの隙を突かれ、浮き球のパスをFW垣田裕暉にヘッドで決められてしまいます。これで垣田は昨季から対モンテ戦3試合連続のゴールで、〝モンテキラー〟の名を成さしめてしまいました。その後も金沢のプレスに苦しみボールがうまくつながりません。  後半に入りモンテは攻勢に出ますが、決定的なシュートチャンスは作れません。むなしく時間だけが過ぎていき、攻撃陣のエンジンがかかる前に試合終了のホイッスル。ビッグセーブをみせたGK児玉剛の活躍だけが光った試合でした。

 連戦の疲れがあるとはいえ、この試合を入れて残りは9試合。PO圏内までの勝点差を考えれば受け身で試合に臨むのではなく、自分達で勝ちをつかみ取りに行く姿を最初から見せて欲しかった。この試合に負けてJ1昇格に黄信号が点滅してしまいました。

 次からの2試合が本当の正念場です。30日はホームで首位の松本、7日はアウェーで2位の町田と対戦します。がむしゃらに戦うにはもってこいの相手です。ここでJ1昇格が消えてしまうのか、連勝して上位に食い込んで行けるかが決まりそうです。
 30日は今季初の地上波放送もありますよ!


山形の誇り/J1昇格に黄信号
藤倉 晶(ふじくら・あきら)

1975年南陽市生まれ。96年からモンテ応援団体「クラージュ」に参加、応援リーダーや会長を務める。現在はゴール裏応援団体連合「ULTORAS ACMY」代表。