徹底して山形に密着したフリーペーパー

春のお彼岸特集

2018年3月9日
ご先祖様を敬い、感謝の気持ちを込めて
春のお彼岸特集

春彼岸に関するエトセトラ

 彼岸は春と秋 

 彼岸には春彼岸と秋彼岸の2つがあります。春彼岸、秋彼岸は「春分の日」「秋分の日」を中日とし、前後3日合わせて7日間。彼岸の初日が「彼岸の入り」、最終日が「彼岸の明け」です。お彼岸にお墓参りという文化は、日本だけの独自の風習です。

春のお彼岸特集

 毎年変わるスケジュール 

 春分の日と秋分の日は日付で決まっているわけではなく、国立天文台が作成する「暦要項」に基づいて毎年2月に翌年の日が発表され、官報にも掲載されます。
 今年の春分の日は3月21日、秋分の日は9月23日なので、春彼岸の入りは3月18日、中日は3月21日、明けは3月24日。秋彼岸の入りは9月20日、中日は9月23日、明けは9月26日です。

3/9彼岸

 なぜお墓参り? 

 太陽が真東から真西に沈む春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが同じになります。このことから西方のはるか彼方にあるとされる悟りの世界(彼岸)と、東にあるとされる私たちのいる俗世(此岸)が最も近づく日とされ、この期間にお墓に向かい先祖を偲び供養すれば極楽浄土へ行けると考えられてきました。

春のお彼岸特集

 ぼたもち と おはぎ 

 春彼岸と秋彼岸のお供えに欠かせないのが「ぼたもち」と「おはぎ」。どちらもモチ米とあんこで作る同じものですが、春は牡丹の花にちなんでぼたもち、秋は萩の花にちなんでおはぎと呼ぶようになりました。また小豆の赤色は厄除けの力を持つとされ、邪気を払うと言われてきました。

 

法要とは 故人を偲び冥福を祈るために行う「追善供養」のことです。

春のお彼岸特集

 法要?法事? 

 「法要」は一般に「法事」とも呼ばれていますが、お経をあげてもらう事を「法要」と呼び、そのあとの会食まで含むものを「法事」と呼びます。また法要には忌日法要と年忌法要の2種類があります。

 忌日法要とは? 

 亡くなった日から数えて7日ごとに行われるのが「忌日法要」。「初七日(しょなのか)」、「二七日(ふたなのか)」、「三七日(みなのか)」、「四七日(よなのか)」、「五七日(いつなのか)」、「六七日(むなのか)」、「七七日(なななのか)」の7回を忌日としています。
 このうち親族や友人などを招くのは「初七日」と「七七日(四十九日)」で、それ以外は遺族のみで供養をすることが多いようです。そして命日から100日目に「百か日法要」があります。

春のお彼岸特集

 年忌法要とは? 

 百か日法要が終わってからの法要を「年忌法要」と言い、節目の年毎に行われる法要の事です。数え方は亡くなって満1年目が一周忌、つまり亡くなった翌年が一周忌となります。ただしその後は亡くなった年を含めて数えていきますので一周忌の翌年が三回忌となり、その4年後が七回忌となるので注意が必要です。それ以後三十三回忌まで同じように法要が営まれます。

 弔い上げ 

 法要は宗派や地域によっても異なりますが、ほとんどの場合、三十三回忌または五十回忌をもって最後の年忌法要「弔い上げ」とし、以降の仏事は行わず年忌法要は終了となります。