徹底して山形に密着したフリーペーパー

ダイナムが天童進出/パチンコホール 旧多田木工跡

2018年2月23日
 天童市一日町の旧多田木工工場跡地の北半分に、パチンコホール大手のダイナム(東京都)が進出することが分かった。北半分ではすでにドラッグストアチェーンの薬王堂(岩手県矢巾町)が店舗の建設工事に入っており、2社を軸に跡地開発が進むことになる。
ダイナムが天童進出/パチンコホール 旧多田木工跡

 計画では使用する敷地面積は1万4100平方メートで、延べ面積1410平方メートルの木造店舗を建設する。近く着工し、5月の完成を予定している。県内では10店目になる見込み。
 業界筋によれば、ダイナムの売上高は7404億円でマルハン(京都市)の1兆6788億円に続く2位。ただ店舗数は405とマルハンの321を上回って首位。1000店舗の達成を目標に掲げており、業界内でも積極出店で知られる。

ダイナムが天童進出/パチンコホール 旧多田木工跡

 旧多田木工工場跡地の総面積は東京ドーム1個分に相当する約4万5000平方メートル。このうち南半分は須藤不動産(天童市)が約80区画の宅地開発を進める予定。
 北半分ではダイナムに先立ち、薬王堂が3300平方メートルの敷地に1120平方メートルの店舗を建設する工事を年明けから進めており、4月完成を目指している。