徹底して山形に密着したフリーペーパー

Let's know 脳!/においと頭痛

2017年11月10日
 頭痛の最中にはにおい(臭い、匂い)に過敏になることが古くから知られていますが、逆ににおいが頭痛を引き起こすケースもあります。今回はにおいと頭痛について考えてみましょう。

片頭痛の人が敏感

 頭痛持ちの患者さんに芳香剤を60秒間かいでもらい、その後の変化を観察した研究が報告されました。それによれば、芳香剤をかいだ後に頭痛が起きた人は片頭痛の患者さんたちだけで、緊張型頭痛などその他の頭痛の患者さんたちには頭痛が起きませんでした。
 この研究では、においで誘発される頭痛は片頭痛が多いと推定しています。

Let's know 脳!/においと頭痛

発生メカニズムは?

 ではどうしてにおいが片頭痛を誘発するのでしょうか?
 そのメカニズムは次のようなものといわれています。
 ①不快なにおいをかいだ→②それをストレスに感じた→③ストレスを解消するため脳の血管を収縮させる物質が体内で放出された→④その後、反動で脳の血管が拡張して痛みを伴う――。

「香害」という新語も

 頭痛の原因になるにおいは、汗や体臭、生ゴミなど一般的に不快に感じられるものだけではありません。先に挙げた芳香剤など、生活の質を上げるためのにおいが逆に頭痛を誘発するケースがあるのです。
 昨今は公害になぞらえて「香害(こうがい)」という新語も生まれています。中でもヤリ玉にあがっているのが衣類の柔軟剤。消費者団体が開設した「香害110番」には「他人の洗濯物のにおいがツライ」といった“通報”が相次いでいるそうです。

君子においに近寄らず

 特に片頭痛持ちの方は、家庭で使用する柔軟剤や洗剤は無香料のものを使用するのが望ましいでしょう。また香水売り場など強いにおいがする場所は避け、止むを得ない場合は口で呼吸するなどの対策が有効です。


Let's know 脳!/においと頭痛
7/24

TFメディカル 嶋北 内科・脳神経外科クリニック 医師
佐藤 篤
プロフィール
(さとう・あつし)2002年山形大学医学部卒業。山大医学部附属病院、山形済生病院、済生館病院などを経て現職。日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医。医学博士。