徹底して山形に密着したフリーペーパー

真理子先生の女性のミカタ/大切な葉酸

2017年11月10日
 妊娠を計画している方や、妊娠初期の方に摂取を心がけていただきたい栄養素が「葉酸」です。

ビタミンBの一種

 葉酸はビタミンBの一種で、ホウレンソウやブロッコリー、イチゴ、レバー、納豆などに含まれる栄養素です。研究の結果、葉酸を十分に摂取すれば「無脳症(むのうしょう)」や「二分脊椎症(にぶんせきついしょう)」など赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」のリスクを低減できることが分かっています。

真理子先生の女性のミカタ/大切な葉酸

妊娠をお望みなら

 赤ちゃんの脳や脊髄(せきずい)をつくる神経管は妊娠の2~6週という初期に形成されます。
 このため、妊娠反応が陽性に出る妊娠4週以降にあわてて葉酸の摂取に努めても効果は微妙。ぜひとも妊娠を計画し始めた時から心がけたい習慣でしょう。

怖い神経管閉鎖障害

 無脳症は脳がつくられないので、残念ながら生きることは難しい病気です。また二分脊椎症は脊髄に異常をきたし、運動機能に問題が出ることが多い病気です。
 これら神経管閉鎖障害をもって生まれてくる赤ちゃんは1万人に6人ぐらいの割合だと報告されています。

厚労省も摂取を推奨

 一般女性の場合、摂取が必要な葉酸の量は妊娠前の方で1日0・24ミリグラム、妊娠中の方は0・4ミリグラムとされています。
 ただ葉酸は水や熱、光に弱く、調理の過程で失われてしまいがち。このため、厚生労働省では2000年から、通常の食事以外に1日0・4ミリグラムをサプリメント(栄養補助食品)などの利用により摂取することを推奨(すいしょう)しています。
 葉酸に加え、妊娠中に必要なカルシウムや鉄分、ビタミンなどを含むサプリを選べば最強でしょう。


真理子先生の女性のミカタ/大切な葉酸
真理子先生の女性のミカタ/骨粗しょう症~番外編~
院長 伊藤真理子
プロフィール

(いとう・まりこ) 1986年山形大学医学部卒業。山大病院、篠田病院を経て2005年6月に真理子レディースクリニックを開業。日本産婦人科学会認定産婦人科専門医。