徹底して山形に密着したフリーペーパー

もう一つの川内由美子 ミニチュアコレクション/致道博物館(鶴岡市)で特別展

2017年2月24日
 鶴岡市の致道博物館で3月1日から、鶴岡雛物語・特別企画「もう一つの川内由美子 ミニチュアコレクション」が開催される。
もう一つの川内由美子 ミニチュアコレクション/致道博物館(鶴岡市)で特別展

 雛道具研究家で東京在住の川内さんは、2年前に同博物館で極小雛道具約2万点を展示して大好評を博した。今回は川内さんの知られざるもう一つのコレクション、約150年前のヨーロッパのミニチュア食器類を初公開する。
 公開するのは2000ピースを超えるディナー&ティーセットなどで、主に上流階級の子ども部屋でままごと遊びに使われていた品々。大人用と同じデザイン・絵柄のものや、ミントンやウェッジウッドなどの銘柄品のほか、中には90ピース以上のセットも。
 同博物館では「日本はもちろん、本場ヨーロッパでもこれだけの数を一度に見ることはできない非常に珍しく貴重なコレクション」と胸を張る。
 4月3日まで。3月1日、19日、20日は川内さんのスペシャルトーク、5日はお雛菓子作り体験も予定している。問い合わせは0235-22-1199まで。