徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形・蔵王で樹氷が見ごろ/イベントも盛りだくさん

2017年2月10日
 蔵王温泉スキー場(山形市)の蔵王山山頂周辺で、冬の風物詩・樹氷が見ごろを迎えている。
山形・蔵王で樹氷が見ごろ/イベントも盛りだくさん

 水滴を多く含んだ季節風が日本海側から強く吹きつける蔵王。この水滴がアオモリトドマツにぶつかるとエビの尻尾のように固まり雪とともに巨大なモンスターのように成長していくのが樹氷の成長メカニズム。
 今シーズンは暖かい日が続いて成長が心配されたが、1月の大雪で一気に育ち、「スノーモンスター(雪のお化け)」として県内外から訪れるスキーヤーや外国人観光客の目を楽しませている。
 3月5日まで開催される「蔵王樹氷まつり2017」の期間中は日没後にライトアップされ、あたり一面はより幻想的な空間に。また、ゲレンデの夜空を花火が彩る「冬のHANABI」(3月4日)、「冬の働く車大集合」(3月5日)など盛りだくさんのイベントも繰り広げられる。
 同スキー場では3月6日から4月2日にかけては、「春休みファミリーパック」として様々な特典を用意しているとか。問い合わせは023-694-9328まで。