徹底して山形に密着したフリーペーパー

早くもベストセラー?「やまがた県民手帳」が快走

2016年11月11日
 「やまがた県民手帳2017」が書店やコンビニに入荷し、今年も好調な売れ行きを見せている。
早くもベストセラー?「やまがた県民手帳」が快走

 やまがた県民手帳は県統計協会が1950年から毎年発行している小冊子で、県に関する各種の統計データや主要機関の連絡先などを満載している。同様の県民手帳は他県でも発行しているが、ここ数年、発行部数を人口で割った普及率で山形は全国1~2位を誇る。
 待望の17年版は16年版と同様3万3000部。今年は県のゆるキャラ「きてけろくん」が初登場したほか、子育て世代向けに子どもの無料遊び場の新規掲載や、県の全国ベスト3を充実させたことが特徴。
 また、1日のスケジュールを時間で管理することができるバーチカルタイプの採用や、インデックスをわかり易くするなど、随所に工夫を凝らしている。
 表紙は若い世代や女性にも親しみやすいスタイリッシュなオールドブルーを採用、定価600円。戸田書店山形店では「早くもベストセラー上位をうかがう勢い」(笠原裕介店長)とか。
 問い合わせは023-623-3131県統計協会まで。