徹底して山形に密着したフリーペーパー

南三番町のマックスバリュ 山形初の「エクスプレス」に

2016年9月9日
 マックスバリュ東北(秋田市)が山形市南三番町で建設工事に入ったショッピングセンターの概要が明らかになった。核となる食品スーパーに山形初の「マックスバリュ エクスプレス」を配置するほか、別棟では飲食店やクリーニング店など5業態を誘致する。オープンは12月6日を目指している。
南三番町のマックスバリュ 山形初の「エクスプレス」に

 「エクスプレス南三番町(仮称)」の店舗面積は約600平方メートルと、標準的なマックスバリュ店舗の3分の1以下。エクスプレスは売れ筋を絞り込み、惣菜類を充実させて高齢者や少人数世帯のニーズに対応するのが特徴で、昨年7月に秋田県由利本荘市で開業した1号店が好調だったことから多店舗化に踏み切ることにした。南三番町店は秋田市に続き3店目。
 別棟で建設中のテナントゾーンにはラーメン店と焼肉店のほか、クリーニング店、コインランドリー、美容室、化粧品店を誘致する方向で調整を進めている。