徹底して山形に密着したフリーペーパー

コメダ珈琲店 山形市嶋に2号店/12月開業目指す

2016年8月12日
 「コメダ珈琲店」を全国展開しているコメダホールディングス(名古屋市)が山形市嶋地区に出店する。昨年8月に山形市南館西1で開業した県内1号店に続く2号店で、オープンは12月の予定。店舗の運営は1号店と同様「とん八」「モスバーガー」などを手がける三栄本社(山形市)が担う。
コメダ珈琲店 山形市嶋に2号店/12月開業目指す

 場所は嶋南2のカワチ薬品山形北店の第2駐車場の東南角で、今月下旬から店舗を建設する。店舗面積は200平方メートル、客席は100、駐車場は40台分を確保する。
 コメダ珈琲店は多彩な食事メニューや、雑誌などを豊富に置いてゆっくり時間を過ごせるサービスが特徴で、全国店舗数は約700店。山形南館店もシニア層や家族連れを中心に人気を集めており、売れ行きは計画を上回るペースという。

コメダ珈琲店 山形市嶋に2号店/12月開業目指す

カメダ珈琲店は9月下旬

 一方、米沢市窪田町窪田では「カメダ珈琲店」が9月下旬にオープン予定。コメダ珈琲店と店名や外観が酷似していることから「コメダならぬカメダ」とやまコミ234号で報じられ、ネットなどで話題が沸騰したことについて同店では「頼んだわけでもないのに開業前にいい宣伝になった」とコメントしている。