徹底して山形に密着したフリーペーパー

あじまん・県警がコラボ/特殊詐欺被害防止へ おいしい話には振り込まん!

2016年1月22日
 おいしい話には“振り込まん!”――。山形の冬のおやつの定番・あじまんが県警とコラボし、特殊詐欺被害防止の啓発を狙いに期間限定商品「振り込まん」を販売することになった。
あじまん・県警がコラボ/特殊詐欺被害防止へ おいしい話には振り込まん!

 2月限定で土日祝日に販売する振り込まんは「胡桃ゆべし」「よもぎ」「塩豆大福」の3候補の中から選ぶ。いずれも特殊詐欺被害の多いお年寄り好みに開発した商品で、タピオカ粉を使ったモチモチの皮が特徴。
 1月25日に県老人クラブ連合会のメンバー150人の投票による「総選挙」を開いて振り込まんを決めるという。1個105円で、県内の90店舗で扱う。
 県警によれば、昨年の特殊詐欺被害件数は前年比19件増の67件、被害額は同2628万円増の2億936万円。県警の原田伸也生活安全部長は「あじまんは県民食として広く定着しており、特殊詐欺被害防止の啓発には頼もしい助っ人」と期待を寄せている。
 あじまんの佐藤友紀社長も「県民の皆様に周知してもらえるよう、社を挙げて取り組んで行きたい」と意気込んでいる。