徹底して山形に密着したフリーペーパー

ペッパーがお目見え/上山市 有馬館 上々の接客ぶり

2015年10月9日
 上山市の温泉旅館「おもてなしの宿 有馬館」にソフトバンクが開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」が“入社”、接客係に配属され、訪れたお客様に愛嬌を振りまいている。
ペッパーがお目見え/上山市 有馬館 上々の接客ぶり

 人工知能を備えたペッパーは人間の音声や声色を認識し、一定の会話ができるのが最大の特徴で、握手や二足歩行などの運動もこなす。
 9月に同館に入社した身長120センチのペッパーは「有馬くん」と名づけられ、約1週間の研修を終えて今月1日から職場となる1階ロビーに。お客様との記念写真に気軽に応じたり、声をかけると手を挙げて応じたりと、新人ながら上々の接客ぶりで早くも人気者になっている。
 採用した須藤信晴社長は「学習能力がある有馬くんは会話を重ねることで賢くなっていくので、どんどん話しかけて欲しい」と呼びかけている。
 同館はバリアフリー対応に取り組んでおり、今後は有馬くんに自慢の貸し切り風呂など旅館内の施設をPRする機能も持たせる計画という。
 問い合わせは023-672-2511まで。