徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形まるごと市/旬の美味しさ、スタンプラリーで巡ろう!

2015年9月11日
 地元で採れたての新鮮な野菜や果物などが手ごろな値段で並び、観光客を中心に人気を集める「山形まるごと市」が、1年で最も賑わう秋の行楽シーズンを前に、12日からスタンプラリーを始める。
山形まるごと市/旬の美味しさ、スタンプラリーで巡ろう!

 初の企画となるスタンプラリーは山形市内4会場のうち、2会場以上を巡ってスタンプを集めると、リンゴやそばなど、山形の特産品が抽選で30名に当たるもので、各会場に備え付けの応募用紙を入手すれば参加OK。締め切りは10月23日まで。
 まるごと市は観光客に山形の美味しい食をPRすることで地域振興につなげようと、山形市が音頭をとって2007年にスタート。当初は蔵王温泉と山寺のみで、08年に高瀬、09年には西蔵王も加わり、計4会場で山形の魅力を発信中。
 6日の蔵王温泉には早朝から10戸の農家や商店が出店。カボチャやナス、ブドウや原木ナメコ、また手づくりのジャムなどが並び、朝湯を終えた温泉客らが試食を楽しんだり、出店者と会話を弾ませながら買い求めていた。

山形まるごと市/旬の美味しさ、スタンプラリーで巡ろう!