徹底して山形に密着したフリーペーパー

香り牡蠣ご飯

2007年11月23日
 牡蠣はタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素を多量に含むため、「海のミルク」と呼ばれます。秋から冬にかけてが旬。鮮度がよく、粒の大きいものを選びましょう。
香り牡蠣ご飯
<材 料>  (4人分)

[A] うす口醤油・・・・・大さじ3   砂糖・・・・・大さじ1
    塩・・・・・小さじ1        酒・・・・・50ml 
    こぶだし・・・・・650ml

米・・・・・2.5カップ     もち米・・・・・0.5カップ
牡蠣・・・・・2パック    ブナシメジ・・・・・1パック
イクラ・・・・・少々     セリ・・・・・1/2束
ユズ・・・・・少々   
<作り方>
[1] 下準備:米はよく洗っておく。
    牡蠣はざるに入れ、振り洗いをして水を切る。
    セリは2cmに切る。
    シメジは小株に分けておく。
[2] [A]を鍋に入れて沸騰させ、その中に牡蠣を入れる。
    沸騰したら牡蠣を引き上げる。
    シメジも一煮立ちさせ引き上げる。
[3] 米と[2]のしるを入れ、炊飯器のスイッチを入れる。
    スイッチが切れたら牡蠣とシメジを入れて2〜3分蒸らす。
[4] 蒸らし終わったらセリを加えてさっくり混ぜる。
    器に盛ってイクラとユズをそえる。

★おいしく作るポイント★
 [3]がポイント。牡蠣の香りのついた煮汁でご飯を炊くので、風味のよいご飯に仕上がります。