徹底して山形に密着したフリーペーパー

増川由美さん

2007年11月9日
 本紙の「ポスティングスタッフ募集」の広告を目にして2カ月前に応募してくれたのが増川由美さん(40、写真)。綿雲のようなホンワカなムードが漂う癒(いや)し系のミセスだ。
増川由美さん
 「ちょうど下の子どもが幼稚園に通い始めて時間ができて。それに運動不足も気になっていたので、これは一石二鳥だと思って」とニッコリ。一緒に撮影に応じてくれた2人のお子さんも明るくノビノビ、明るい家庭をしのばせる。
 ポスティング当初は不安ながらも約700部からスタート。「地図とにらめっこで大変でしたが、今ではすっかり慣れて楽になりました」。最近では2時間で200枚というノルマを自分に課し、部数も1100部に増やして地域の人たちに本紙を配ってくれている。
増川由美さん
 「地域の人たちからの応援を支えに、これからもやまコミと地域をつなぐ役目を楽しく続けていきたい」と最後まで笑顔で語ってくれた。