徹底して山形に密着したフリーペーパー

<Myサークル>花のカルテット

2007年9月14日
 「花のカルテット」は県内でも珍しい男性4人組のコーラスグループ。
<Myサークル>花のカルテット
 結成は1964年(昭和39年)にさかのぼる。当時、そろぞれ違う合唱団に所属していた4人が意気投合、そろってテレビ出演したことが40年を超える長い歴史の始まりだった。
 4人はトップテナーの塚崎敏さん(66)、リードテナーの鈴木孝始さん(同)、バリトンの千葉幸悦さん(同)、バスの前田吉勝さん(70)で、いずれも山形市在住。結成時は「紅顔の美少年」(?)だった4人もいつしか熟年の域に達したが、体型はほぼ昔のままで、スーツやブレザーを颯爽(さっそう)と着こなす。
 ひとたびコーラスを奏でれば、渋い外見からは想像もつかないような美しいハーモニーが幾重にも広がり、次第に聴衆を魅了していく。ウ〜ン、まさに「いぶし銀」!
<Myサークル>花のカルテット
 練習日は固定せず、気が向いた時や飲みたくなった時に誰からともなく集まるとか。40年超の4人の絆の秘訣は「アウンの呼吸」のようだ。
 先月22日には山形市青柳の県立中央病院で開催されたロビーコンサートに出演、「大きな古時計」「上を向いて歩こう」などの演目を披露した。