徹底して山形に密着したフリーペーパー

<Myサークル>宝紅会

2007年11月9日
 「お茶の作法」と聞いて尻込みしてしまう人は多いはず。「一礼して?」「茶碗を回す?」「3度に分けて?」……。それでいいんだっけ?
<Myサークル>宝紅会
 宝紅会は県内陸部にある11の流派の先生方が茶道の普及を目指して結成したサークル。活動場所は山形市東原町の「もみじ公園」の中に建つ清風荘で、月曜を除く毎日、だれでも一席500円でお茶が楽しめる。もちろんお茶菓子付き!
 天気がいい日はお茶室を離れ、縁側に出て野点(のだて)気分を味わうことも。とかく「堅い」と思われがちな茶道を身近に、楽しく体験できるのがポイントだ。
<Myサークル>宝紅会
 流派の異なる先生が日替わりで務めるため、いろんな流儀が体験できると利用者にも好評。代表の志賀宗秀さんは「お茶はもともとは男性のたしなみ。今は女性の利用者が多いが、男性にももっと参加してほしい」と呼びかけている。
 11月半ばを過ぎると庭のもみじが1年で最も美しく色づく「もみじ公園」。園内を散策した後、お茶室に立ち寄って上質な時間を過ごすのも一興かも。