徹底して山形に密着したフリーペーパー

あなたの目 健康ですか?/(71)コンタクトレンズ(下)

2014年2月14日
 コンタクトを安全・快適に使ううえで重要なのがレンズのケア。今回は特にソフトコンタクトのケアを取り上げます。

大切なレンズのケア

 ソフトコンタクトのケアは以前は煮沸消毒が中心でしたが、現在はマルチパーパスソリューション(MPS)による化学消毒が主流です。MPSは洗浄、すすぎ、保存、消毒がひとつの液でOKなので簡単・便利です。
 ただ間違った使い方をすると十分な効果が得られないばかりか、思わぬトラブルにつながる心配もあります。

あなたの目 健康ですか?/(71)コンタクトレンズ(下)

清潔な手で洗浄を
 
 正しい使い方の基本は、まず手をきれいに洗うこと。手が汚れているとコンタクトを介して汚れを目に持ち込んでしまいます。せっかくワンデーを使っていても手が汚れていてはどうしようもありません。
 次にコンタクトをはずしてMPSですすぎ、清潔な手のひらでコンタクトの表面をこすり洗いします。汚れをとる上でこすり洗いは重要です。

ケースは清潔に保つ

 こすり洗いが終わったら再びMPSですすぎ、MPSを満たしたレンズケースにコンタクトを入れて消毒します。ケースのケアも大切で、ケースはきれいに洗って自然乾燥させておきましょう。
 ケースは清潔にしておかないとバイオフィルムが形成されてレンズケース自体が細菌だらけになってします。洗面台をきれいにしていないとヌメヌメしてしまうのと同じです。
 
化粧とのタイミング
 
 女性の場合はいつ化粧をしたらいいのか気になるところです。朝はコンタクトを装着してから化粧を、夜はコンタクトを外してから化粧を落としてください。最近の新素材のSCLは脂質(化粧品など)の汚れが付きやすいので注意が必要です。


あなたの目 健康ですか?/(71)コンタクトレンズ(下)
あなたの目 健康ですか?/(47)花粉症の初期療法
院長 高橋 義徳
プロフィール

(たかはし よしのり)1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。山形県眼科医会理事。