徹底して山形に密着したフリーペーパー

内科あれこれ

きくち内科医院院長
菊地 義文(きくち・よしふみ)先生
内科あれこれ
1985年(昭和60年)東北大学医学部卒業。同大医学部第三内科を経て96年に山形市立病院済生館へ。2013年4月に「きくち内科医院」開院。
 「腸内細菌」という言葉を耳にすることが増えてきました。
2022年9月23日
 今回はがん検診について考えてみましょう。
2022年8月26日
 スギ花粉の飛散はピークを過ぎましたが、今回は〝喉元過ぎれば熱さを忘れる〟という格言にならい、この時期から始める花粉症の「舌下免疫治療法」のお話です。
2022年7月22日
 最近、テレビで「帯状疱疹(たいじょうほうしん)ワクチン」のCMが流れはじめていることにお気づきでしょうか?
2022年6月24日
 毎年暑くなると痛風の症状を訴える人が多くなります。痛風の原因が尿酸であることはご存知の方も多いでしょう。
2022年5月27日
 脂肪肝といえばアルコールの飲みすぎが原因と思われがちですが、最近は飲まないのに脂肪肝と診断される人が増えています。
2022年4月22日
 間もなく、日本人の4割が悩んでいるとされる花粉症のシーズンがやってきます。
2022年3月25日
 今回は、高血圧治療に関わる医師の〝悩み〟についてのお話におつき合いください。
2022年2月25日
 脳梗塞や心筋梗塞につながる動脈硬化にはいくつか種類がありますが、最も多いのが「粥状(じゅくじょう)硬化」と呼ばれるものです。
2022年1月28日
 朝晩の冷え込みが厳しさを増してきたなか、注意が必要なのは高齢者の入浴中の事故です。
2021年12月24日
 今回はLDL(低比重リポタンパク)コレステロールのお話です。
2021年11月26日
 今回は消化器のがんについて考えてみます。
2021年10月22日
 胃がんの検査には胃エックス線(胃透視)検査と胃内視鏡検査(胃カメラ)がありますが、今回は胃透視検査の注意点についてお話しします。
2021年9月24日
 今回は胃食道逆流症について、医者向けの「診療ガイドライン」に沿ってご説明しましょう。
2021年8月27日
 今回は、やまコミ編集長もお悩みの痛風のお話です。
2021年7月23日
 今月初めに認知症の新薬が米で承認され、大きな話題を呼びました。私も「これはノーベル賞級の開発だ!」と大興奮してしまいました。
 ということで今回は、私が医学生になってからノーベル賞を受賞した医学に関わる発明、発見、技術で現在の医療現場でも活躍しているものをご紹介しましょう。
2021年6月25日
 スギ花粉の飛散はピークを過ぎましたが、来年以降に備え、この時期から始める花粉症対策が「舌下免疫療法」です。
2021年5月28日
 今回は、最近何かと話題の「ジェネリック医薬品」についてのお話です
2021年4月23日
 コロナワクチンの話題が巷を席巻していますが、今回は帯状疱疹ワクチンのお話におつき合い下さい。
2021年3月26日
 今回は胃がんの話におつき合いください。
2021年2月26日
 今回の主題である胆石とは文字通り、胆のうにできた結石のことです。
2021年1月22日
 人間の腸には100兆個以上の細菌が繁殖しており、人にいい働きをする善玉菌もいれば悪い働きをする悪玉菌もいます。これら腸内細菌の影響は多岐に及びます。
2020年12月25日
 今回は心筋梗塞の発症リスクになる高コレステロール血症のお話です。
2020年11月27日
 新型コロナウイルスはいまだ収束のメドが立たない状況ですが、インフルエンザにも注意が必要な季節になりました。
2020年10月23日
 食道の代表的な疾患のひとつである「逆流性食道炎」については以前にも紹介しましたが、類似の症状として「非びらん性胃食道逆流症」があります。
2020年9月25日
 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さんが、初期の腎細胞がんであることを自ら公表して話題になりましたね。
 一般には発見が困難とされる腎細胞がんをみつけることができたのは、エコー検査を受けたからだったとか。では、そもそもエコー検査とはどんな検査なのでしょうか。
2020年8月28日
 新型コロナウイルス感染症の予防に注意を払うのはもちろん、これからの時期は熱中症にも気をつけたいものです。
2020年7月24日
 山形市では6月から、胃がん検診において従来の胃レントゲン造影(胃バリウム検査)に加え胃内視鏡検査(胃カメラ)も認められるようになりました。
2020年6月26日
 「逆流性食道炎」とは、胃酸が食道に逆流することによって胸やけやゲップ、嚥下障害、胃の痛みなどの症状が現れる病気のことです。
2020年6月12日
 山形市では4月から、経鼻内視鏡を使った胃がん検診」が始まりました。50歳以上でその年度に偶数歳になる方が対象です。
2020年4月24日