徹底して山形に密着したフリーペーパー

温暖化 山形でもジワリ

2008年1月25日
昨年の平均気温上昇
温暖化 山形でもジワリ
 仙台管区気象台のまとめによると、2007年の山形市の平均気温は平年を0・7度上回る12・2度で、1891年の観測開始から過去6番目の高さとなった。
 暖冬と夏場の猛暑が背景とみられ、新庄市でも0・7度高い11・2度(観測開始1958年、過去6番目)、酒田市では1度高い13・3度(同37年、過去3番目)を記録するなど、県内各地で温暖化を肌で感じる1年になった。
温暖化 山形でもジワリ
 同気象台によると東北6県の17観測地点の07年の平均気温も平年を0・8度上回り、観測開始の46年以降過去5番目の高さ。
 東北の平均気温は80年代は平年より低い年が続いたが、90年に1・4度高い過去最高を記録し、その後は毎年のように上昇傾向をたどっているという。