徹底して山形に密着したフリーペーパー

老後 あんしん いきいき ~施設紹介~

2007年3月23日
*坂本賢太郎 センター長
坂本賢太郎 センター長
山形ケアセンター・そよ風(山形市荒楯町)
 
 昨年11月に開所した施設で、運営会社は介護大手でジャスダックにも上場しているメデカジャパン(埼玉県鴻巣市)。定員10人の小規模デイサービスと2ユニット全室個室のショートステイ(定員20人)がある。小規模、ユニットの特徴である個別対応、家庭的な環境づくりを目指しており、今後は食事面でのサービス向上に力を入れていく予定。見学は随時対応している。


*佐野 博 管理者
佐野 博 管理者

はなみずきの家(山形市深町)
   
 昨年12月に開所した小規模多機能型居宅介護施設で、運営会社は地元の深町コーポレーション。午前7時から午後9時までのデイサービス、ショートステイ、訪問の3つの介護サービスが一カ所で受けられる。また敷地内にグループホームも併設しており、居住機能が備わっているのが強み。同じ敷地で過去20年間、大型下宿を営んでいたノウハウも持つ。


*佐藤留五郎 社長
佐藤留五郎 社長
久遠の家(天童市鎌田)
 
 天童温泉の老舗旅館「紅の庄」を全面改装して2年前に開所した施設で、富裕層のシニアを対象にした終身入居が可能な集合賃貸住宅。運営するのは地元のエステーで、佐藤留五郎社長が自らの介護体験をいかし、終身入居のほかニーズに合わせてキメ細かな利用ができるようにしたのが特長。健康相談員や看護師なども常駐、生け花教室や園芸などサークル活動も盛ん。1泊2日からの体験入居、食事つき日帰り入浴などの各種のデイサービスもある。