徹底して山形に密着したフリーペーパー

サクランボ園 花満開、人工授粉作業まっ盛り

2013年5月10日
 上山市の松伸フルーツセンターサクランボ園では、佐藤錦や紅秀峰など約120本のサクランボの木に真っ白な花が咲き誇り、人工授粉作業が盛んに行われている=写真。
サクランボ園 花満開、人工授粉作業まっ盛り

 同園の松田博司代表(63)は「花を傷めるので受粉にはハチを使うのが理想だが、寒さでハチの動きが鈍いので人工授粉作業は欠かせない」と話す。
 同園では6月中旬ごろからサクランボ狩りが可能、平年並みの収量の見通しだ。