徹底して山形に密着したフリーペーパー

バリアフリーリフォーム 最大200万円助成

2013年5月10日
 要介護や障害者のいる家をバリアフリーリフォームする場合、最大200万円の補助金が利用できる制度をご存知でしたか?

 この制度は国土交通省の「高齢者等居住安定化推進事業」。県内で実際の工事を担当するのはNPO法人次世代リフォーム協会(山形市)。同協会はリフォームを手掛ける創研(同)が設立、村山地区の工務店や設計事務所など14社が賛助会員になっている。
 2011年度からスタートした同事業では200万円を上限に対象工事の半額が助成される。応募期限は今年の11月10日まで。問い合わせは023-634-2003。