徹底して山形に密着したフリーペーパー

あなたの目 健康ですか?/(57)ドライアイと視力

2012年12月14日
 ドライアイ治療薬のジクアスとムコスタについては以前に取り上げましたが、先ごろ放送されたNHK「ためしてガッテン」でこれらの2つの点眼液で実用視力も上がると紹介されていました。

話題を呼んだ情報番組

 番組でも断っていましたが、2つの点眼液はドライアイ治療薬であり、視力向上の薬ではありません。ではどうして実用視力が上がる(見やすくなる)のでしょうか?

あなたの目 健康ですか?/(57)ドライアイと視力
ドライアイで視力低下?

 ドライアイになると目の表面の涙の層が不安定になり、涙の層できれいに覆われていた目の表面はデコボコした状態になります。いわばカメラのレンズの表面が曇ったような状態ですね。
 瞬(まばた)きをすると新しい涙の層ができて見やすくなりますが、早い人は1秒もしないうちに目の表面が乾いてしまいます。曇ったレンズが見えにくいのと同様、ドライアイになると実際の視力より見え方が悪化してしまうのです。

治療薬の意外な働き

 そんなドライアイの治療薬がジクアスとムコスタですが、2つの点眼液には目の表面のムチンという物質を増やす働きがあるのです。そしてこのムチンが不安定だった涙の安定性を高め、目の表面のデコボコを平らにしてくれるのです。
 曇っていたレンズがきれいに磨かれ、実際の視力が戻って見えやすくなるわけですね。
 
冬場は特にご用心を

 繰り返しになりますが2つの点眼液は視力そのものを向上させる薬ではありません。番組を見て早合点し各地で「目がよくなる薬が欲しい」という問い合わせがあったと聞きます。
 寒くて乾燥するこれからはドライアイも増える時期。少しでも自覚症状がある方は早めに専門医に相談することをお勧めします。


あなたの目 健康ですか?/(57)ドライアイと視力
あなたの目 健康ですか?/(47)花粉症の初期療法
院長 高橋 義徳
プロフィール

(たかはし よしのり)1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。山形県眼科医会理事。