徹底して山形に密着したフリーペーパー

<荒井幸博のシネマつれづれ> 「隠し砦の三悪人」

2008年5月23日
気概のリメイク作品

老若男女にお勧め

 現在公開中の「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」は黒澤明監督「隠し砦の三悪人」のリメイク。

戦国時代のお家復興劇

 戦国時代、隣国の山名家との戦いに敗れた秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と隠し砦に籠(こ)もっていた。
 近くの泉に隠してある秋月家復興のための莫大な軍資金を持って同盟国・早川領へ入る計画を立てるが、国境は山名の兵士たちに固められていた。待ち受ける危険——。

<荒井幸博のシネマつれづれ> 「隠し砦の三悪人」

黒澤監督ら4人が原作

 黒澤監督は、脚本を菊島隆三・小国英雄・橋本忍と4人で宿に泊り込んで書き上げた。黒澤がピンチの状況を作り出し、他のメンバーがそれをクリアするリレー方式で、今で言えば、テレビゲームをクリアしていくような感覚で脚本を完成させた。

主演・三船敏郎が圧巻

 山名軍に奴隷として働かされていた平民の大群が、秋月城から雪崩を打つように脱出する場面は圧巻。敵方の騎馬兵を追跡する六郎太が刀を両手で構えながら馬を全速で走らせ、相手を斬り捨てる場面の三船敏郎の凄さに感嘆する。

原版、第一級の娯楽作品

 そして敵方侍大将を演じた藤田進の映画史に残る名ゼリフ「裏切り御免」。紛れもなく第一級の娯楽映画だ。

<荒井幸博のシネマつれづれ> 「隠し砦の三悪人」

「スターウォーズ」に影響

 ジョージ・ルーカスの「スターウォーズ」が本作をモチーフにしたのはよく知られている。ロボットC—3PO、R2—D2の凸凹コンビは太平と又七を元にしているし、レイア姫は雪姫、六郎太からはルークとハン・ソロが生まれたのだろう。

阿部寛、実は達者な殺陣

 本作で六郎太を演じるのは阿部寛。あまり知られていないが、阿部は殺陣の確かさと速さではトップクラス。その実力を存分に発揮して三船が演じた見せ場にも挑んでいる。雪姫は長澤まさみを配置した。

<荒井幸博のシネマつれづれ> 「隠し砦の三悪人」

樋口監督の気概

 樋口監督と脚色の中島かずきは、原作を換骨奪胎(かんこつだったい)、つまりガラガラポンして新しいものを作り上げる、ということまではしなかったが、原作の見せ場を残しつつ個々のキャラクターやストーリー展開を微妙に変えている。

意表つく「裏切り御免」

 この姿勢には、独自の娯楽作品を作り上げようという気概が感じられた。それにしても決めゼリフの「裏切り御免」をあんな場面で、あんな風に使うとは——。してやられた。

俳優陣も好演

 そんな樋口監督の気概が乗り移ったかのように、阿部や長澤のほか、椎名桔平、松本潤、宮川大輔らの俳優陣がそれぞれの役を見事に演じきっている。