徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形駅隣接施設でも2店/7月末 カプリチョーザと案山子

2012年7月13日
 JR山形駅に隣接する施設内でも新たに外食2店がオープンする。
山形駅隣接施設でも2店/7月末 カプリチョーザと案山子

 イタリア料理店「カプリチョーザ」が7月30日、山形駅構内の商業施設「エスパル」5階にオープンする。グリーンランド(名取市)がカプリチョーザを全国展開しているWDI(東京)のフランチャイジーとなって運営する。面積は165平方メートル、席数は80。
 カプリチョーザは1997年3月から2004年11月にかけ山形市七日町1に店を構えていたが現在はゼロ。
               ◇ 
 焼肉店を展開しているかかし(山形市)は7月末、山形駅東口交通センター2階の飲食フロアに米沢牛に特化したステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶなどを提供する肉料理店「案山子(かかし)」をオープンする。面積は40平方メートル、席数は22。
 同社は同じフロアで山形牛を使った焼肉店「かかし」、山形市南館で食べ放題の焼肉店「ミスターかかし」を営業している。