徹底して山形に密着したフリーペーパー

《おしえて!編集長》 「宅食サービス」が急増

2012年5月25日
 買い物に出かけにくい高齢者などに食材やお弁当を届ける「宅食サービス」がここ山形でも急拡大しています。編集長によれば今年になって大手スーパーのイオン(千葉市)、コンビニ最大手のセブンイレブン(東京)、外食チェーンのワタミ(東京)などが相次いで手がけるようになり、既存の県内業者との競争が激しくなっているんですって。
《おしえて!編集長》 「宅食サービス」が急増

何だか凄いことになってるみたいですが…。

 イオンのネットスーパー

 「そうだね。やっぱ激震が走ったのはイオンかなあ。消費者からインターネットで注文を受け付け、最寄りの店舗から早ければその日のうちに消費者に届けるサービスを『ネットスーパー』っていうんだけど、イオンはこのネットスーパーを2年前に県内でいち早く導入したんだ」

やまコミ第90号で特集していますね。

 3月から全県で

 「県内に6店あるイオンの中でネットスーパーを扱うのは山形南店だけで、当初は宅配範囲も山形南店から5~8キロ圏内に限っていた。それが3月8日からは宅配範囲を全県に広げるって発表したからビックリさ」

《おしえて!編集長》 「宅食サービス」が急増

県内の6店をフル稼働するわけですか?  

 拠点は南ジャス

 「それが違うんだ。ネットスーパーを扱うのはこれまで通り山形南店だけ。注文を受けると以前の郵便局、今の郵便事業会社の『ゆうパック』を使って宅配するのがミソ。村山地方はもちろん、最上や置賜、庄内の各地方にも注文時間によってはその日のうちに届けるんだってさ」
 「扱う品目は生鮮食品や惣菜、加工食品、日用品など約8000品目。配送料は105円かかるけど、5000円以上買えば配送料はタダ」

確かにビックリですけど、コンビニも最近になって宅食サービスを始めたとか。

 セブンは今月から

 「セブンイレブンね。セブンは以前からカタログと専用サイトで1000円以上のお弁当や惣菜を配送料200円で届ける宅配サービス『セブンミール』を手がけてたんだけど、5月7日からは500円以上の注文なら配送料は無料にしてる」 

 全国1万店で

 「イオンの配達は郵便事業会社だけど、セブンは原則として各店のオーナーがやるらしい。脱サラとかして晴れて一国一城の主になったオーナーの中には『出前までやらせるのか!』って憤慨してる人もいるんじゃないかなあ(苦笑)」
 「そんなオーナーも説得しながら全国1万4000店のうち1万店でスタートさせるからさすがセブンだね。県内のセブンは153店で、諸般の事情で『どうしても無理』っていう店舗を除く約7割の店で始めてる」

ワタミもですよね。

 ワタミも今月から

 「ワタミはもともと居酒屋『和民』が柱の外食チェーンなんだけど、2004年に介護事業に参入し、最近では『外食』と『介護』を融合させた高齢者向け宅食サービスに力を入れているんだ」
 「実際にサービスを担うのは子会社のワタミタクショクで、契約すると日替わりの惣菜やお弁当を毎日届けるという内容。山形市でも連休明けに営業所を開設して需要の掘り起こしを狙っている」

なんだか「大手が続々」って感じですけど、既存の県内業者は大丈夫なんでしょうか。

 迎え打つ県内企業は?

 「競争が厳しくなるのは間違いない。でも県内各社も懸命にチエを絞って生き残ろうとしている。そんな中からいくつかを紹介すると…」

《おしえて!編集長》 「宅食サービス」が急増

 弁当店

●山形給食センター
 事業所・一般家庭向けブランド「デーリック」を展開。新たに高齢者向けで強みを発揮しているはたらいく本部(愛知県豊山町)と提携し、「けんこう長寿弁当」などを拡販中。

弁当

●まごころ弁当本部
 業界後発ながら社長の阿相武憲氏はかつて「鳥太郎」「ごちそう市場」などの外食業を幅広く手がけていた経歴の持ち主。手づくりの弁当にこだわり捲土重来(けんどちょうらい)を期している。


弁当

●仕出し きじま
 35年の歴史を誇る老舗。事業所・一般家庭向けの日替わり弁当に加え、会議用、イベント用の各種弁当を宅配している。陶器の容器を使用するなど高級感の演出が特長。

弁当
●エビスヤ楓味堂
 山形市本町にある明治43年創業の仕出し料理の老舗。冷凍食品や既製品、添加物入りの食材の使用を極力避け、厳選した新鮮食材を使った料理が自慢。名物は自家製「胡桃(くるみ)どうふ」。歴史が違う!



●ジョイランチ
 1日7000食を配っている業界最大手。週1回1食からの注文もOK。

●宅配クック123
 高齢者に特化した宅食専門店。先発の強みと専門ノウハウで参入大手を迎え打つ。

●日本亭
 特大の唐揚げ「デカ唐」が看板メニューの弁当店。宅配は2500円から。

《おしえて!編集長》 「宅食サービス」が急増

 その他

●生活協同組合共立社
 32000名の宅配利用者数をもつ生協組織。宅配サービスのほか、周辺に商業施設のない買物が困難な山間部などに移動販売車「せいきょう便」を巡回させるサービスを2年前からスタートしている。

弁当

●かつや
 山形市で2店を構えるカツ専門店。宅配は山形市一円が対象で、1000円の注文から揚げたてを届ける。2500円から配送料無料。注文はパソコンや携帯からもOK。


弁当

●てぃあら
 焼きたての手作りパンの移動販売。パンの種類は約70種。今年10周年を迎え特別企画実施中。