徹底して山形に密着したフリーペーパー

「びっくり市」県外初出店/11月下旬 宮城県利府町に

2012年4月27日
 県内全域で週末営業の食品スーパー「びっくり市」を展開している野川食肉食品センター(天童市、野川喜弘社長)は宮城県利府町に出店する方針を決め、宮城県に大規模小売店舗立地法に基づく店舗新設の届け出を提出した。同社の新規出店は2006年の酒田店以来6年ぶりで、県外進出は初めて。
「びっくり市」県外初出店/11月下旬 宮城県利府町に

 店舗の名称は「びっくり市利府店」で、場所は利府町神谷沢土地区画整理事業地内。オープン予定は11月28日、店舗面積は1500平方メートルで、駐車場は172台、駐輪場は63台を確保する。
 出店の狙いについて同社では「利府町は仙台都市圏の中で新興ベッドタウンとして発展しており、新鮮で安い山形の食品を提供することでシェアを獲得したい」としている。
 同社の設立は1979年。「びっくり市」は天童市を1号店に山形市で2店、村山市、寒河江市、尾花沢市、長井市、東根市、新庄市、酒田市で各1店の計10店を展開しており、年間売上高は110億円。