徹底して山形に密着したフリーペーパー

《おしえて!編集長》 続 山形のスーパー三国志

2012年3月23日
 コアなやまコミ読者の間で好評の「スーパー三国志」。食品スーパーのヤマザワ(山形市)、ヨークベニマル(福島県郡山市)、おーばん(天童市)3社による県内勢力争い、最新事情はどうなってるの?
《おしえて!編集長》 続 山形のスーパー三国志

どうなってるんですか?

 「久しぶりだね『スーパー三国志』。規模から言うとマックスバリュも加えなきゃなんだけど、最近は業績がパッとしなくて出店も休止してるから今回も省かせてもらいましょうね」
 「俺のイメージだと東北最大のベニマルが魏(ぎ)、県内の雄でベニマルと正面から激突しているヤマザワが蜀(しょく)、新庄~山形に蟠踞(ばんきょ)しているおーばんが呉(ご)なんだよな」

3/23
 「その3社が今年はそろって新店を出す。順番から言うと8月15日に山形市宮町で開業予定なのがヤマザワで、現在はハッピー工業の旧本社工場跡地で建設を進めている」
 「ヤマザワが北駅前店を閉鎖したのが2年前。以来、周辺の第三小学区内に大型スーパーがなくなって住民は買い物難民化していただけに、開業は朗報と受け止められているようだ」
《おしえて!編集長》 続 山形のスーパー三国志

なるほど。

 「次は10月9日に上山市仙石で開業予定のヨークベニマル。上山市って大型スーパーがヤマザワ上山店しかなく、買い物客の多くが山形市に流れてる。この状態にクサビを打ち込むのがベニマルの狙いで、こちらも市や住民からは歓迎されてるみたいだね」
 「福島から避難してきている人たちにはベニマルは身近な存在のはず。震災で店舗が壊れたり社員が犠牲になったりで大変だったけど、このところ業績は急回復だっていうから大したもんだ」

《おしえて!編集長》 続 山形のスーパー三国志

記事でも取り上げたおーばんは?

 「予定だと10月25日に東根市役所の隣に新東根店を開業する。あそこの場所はベニマルの旧東根店だったけど、ウルトラCの裏技を使っての出店。既存の東根店をスクラップしてオープンさせる計画だ」
 「尾花沢で創業したおーばんは東根に出した2号店の成功で飛躍のきっかけをつかんだんだ。だけど時代がたって現在の東根店は老朽化が著しい。思い入れのある東根の店を刷新するっていうのがおーばんの悲願だったらしい」

嶋のおーばん、流行ってますよね。

 「会社に近いからみんな利用してるよね。客観的にみても同じ嶋にある東北最大のベニマルと五分の戦いしてるもの」
 「冒頭の記事でも紹介したけど、そのおーばんがいよいよ膨張政策をとり始めた。最近はヤマザワは秋田、ベニマルは庄内への進出を模索しているようで、手薄になった県内陸部におーばんが攻め込む構図だな」

まさに三国志ですね。