徹底して山形に密着したフリーペーパー

簡単!庄内風タケノコ汁

2008年4月25日
 掘りたてのタケノコは下茹での必要がありません。鮮度は、(1)切り口のでこぼこが大きいこと、(2)乾燥していないこと、の2点で見分けるとこができます。
 鮮度の落ちてしまったものは40分くらい下茹ですると良いでしょう。
簡単!庄内風タケノコ汁
旬のタケノコを たくさん食べよう!

 掘りたてのタケノコは下茹での必要がありません。鮮度は、(1)切り口のでこぼこが大きいこと、(2)乾燥していないこと、の2点で見分けるとこができます。
 鮮度の落ちてしまったものは40分くらい下茹ですると良いでしょう。
<材 料> (4人分)
孟宗筍 ・・・・・・・・・・・・ 1kg
厚揚げ ・・・・・・・・・・・・・ 4枚
生シイタケ ・・・・・・・・・・ 4枚
豚肩ロース薄切り ・・・・ 150g

A だし汁 ・・・・・・・・・・・ 1000ml
  みそ ・・・・・・・・・・・・・ 90g
  酒かす ・・・・・・・・・・・ 90g
  木の芽 ・・・・・・・・・・・ 少々

<作り方>
[1]  まずはタケノコの下茹で。タケノコは皮の上からたてに1本包丁を入れ、小ぬかと共に竹ぐしが通るまで茹でて、茹汁に冷めるまでつけておく。
[2]  [1]の皮をむき、穂先は縦4つに切り、ほかの部分は乱切り。
[3]  厚揚げは湯を通し、油抜きをする。
[4]  シイタケは軸をとる。大きいときは4つ切り。
[5]  Aのだし汁の半分で[1]、[2]、[3]を煮立て、残りのだし汁とみそ、酒かすを混ぜ合わせて[4]に加え中火で煮る。味がなじんだら火を止める。
[6]  椀に盛り、木の芽を添える。お好みで唐辛子をかけてもおいしい。

★おいしく作るポイント★
酒かすは煮立たせると風味が落ちるので最後に入れましょう。