徹底して山形に密着したフリーペーパー

須藤不動産/大同生命ビル(諏訪町)取得

2011年12月9日
 不動産業で県内最大手の須藤不動産(天童市、須藤芳男社長)が山形市諏訪町1の「大同生命ビル」を取得した。取得日は11月1日で、新たに「センチュリープレイス山形」として営業を始めた=写真。
須藤不動産/大同生命ビル(諏訪町)取得
 大同生命ビルは1989年の竣工で、構造は鉄筋コンクリート造り地下1階・地上9階建て。敷地面積は1017平方メートル、建物面積は4812平方メートル。
 同ビルを保有していた大同生命によれば「資産運用の一環で、山形に関しては保有するより売却した方が有利と判断した」と説明している。
 須藤不動産は県内外での積極的な不動産投資で知られ、山形市では経営破綻した大正生命のビルを取得して「須藤ビル」に、東京生命のビルを取得して「カーニープレイス山形」に名称変更して再生させている。