徹底して山形に密着したフリーペーパー

<Myサークル>Good Warless

2008年4月11日
 スーツ姿で会社を飛び出したまま「ミュージック昭和」の練習室へと急ぐ謎の中年軍団——。
<Myサークル>Good Warless
 「グッド ウォレス」とは打ち上げの美酒を「ぐっと」飲み干す意味と、練習を反省しての山形弁「悪れっす(悪かったね)」との造語だとか。
 結成は13年前。中学生や高校生だった青春時代、ラジオから流れる音楽をカセットに録音していた現リーダーの五味英二さんが、同じ経験を持つメンバーを募って当時の楽曲を自分たちで演奏してみようと結成した。
 曲は「GODIEGO(ゴダイゴ)」の「Smoky」だったり、ヴァン・ヘイレンの「jamp」だったり、邦楽、洋楽を問わない。誰かが演奏し始めるとすぐに音を合わせ、歌詞をダウンロードした携帯片手に次々熱唱する。
<Myサークル>Good Warless
 そして練習の後はファミリーレストランで次回の打ち合わせをするのがお決まりのコース。仕事のグチや家族関係の悩みを打ち明けあうのもストレス解消に役立っているとか。
 メンバーの佐藤幸治さんは「ライブが楽しみで毎回参加している。どこへでも演奏しに行きますので呼んでください」とPRしている。