徹底して山形に密着したフリーペーパー

あなたの目 健康ですか?/(41)重要な紫外線対策

2011年8月12日
 目から日焼けしてしまうことがあるのをご存知でしたか?

目から日焼け!?

 大阪市立大学医学部の 井上正康教授の実験によれば、ネズミの耳と目に紫外線を当てて皮膚のメラニン量を調べたところ、耳に紫外線を当てた場合は耳のメラニンだけが増加しましたが、目に紫外線を当てた場合はなんと全身の皮膚のメラニンが増加しました。
 いったいどうしてでしょうか?井上教授の仮説では、紫外線により目の細胞がダメージを受け、そのダメージに脳が反応してメラニンを増やす指示を出してしまうというのです。

あなたの目 健康ですか?/(41)重要な紫外線対策

お肌予防は万全でも…

 以前に紫外線が目に与える直接的な影響として白内障、翼状片、充血などを紹介しましたが、日焼けなんて思わぬ影響があることにビックリですね。お肌の日焼け対策は万全と思っていても、目の紫外線対策を怠るとシミ、ソバカスの原因になるメラニンが増えてしまうことを覚えておきましょう。
 
外出時は完全防備で

 ことほどさように目の紫外線対策は重要です。春から秋にかけては目への紫外線量は午前9時ごろと午後2~3時ごろがピークになります。街中ではアスファルトなどで反射した紫外線も注意が必要です。
 紫外線カットのサングラスや調光レンズ、紫外線カット機能のあるコンタクトレンズ、そして帽子など外出時には完全防備でのぞみましょう。いつも使う眼鏡やコンタクトレンズで紫外線対策をしておくと時間帯や季節にかかわらず紫外線をカットできて安心です。 
 
私も注意しています

 かくいう私も外出時には紫外線カットの調光レンズを使っています。再三にわたって読者の皆さんに注意を呼びかけながら「医者の不養生」ではみっともないですものね。


あなたの目 健康ですか?/(41)重要な紫外線対策

高橋 義徳(たかはし・よしのり)

1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。山形県眼科医会理事。山形県アイバンク理事。