徹底して山形に密着したフリーペーパー

震災の逆風に負けるな 「さくらんぼ風っこ号」が運行開始

2011年6月24日
 やまがた花回廊キャンペーンを盛り上げるトロッコ列車「さくらんぼ風っこ号」の運行が18日からスタート、出発前にはJR山形駅ホームで歓迎イベントが催された。
震災の逆風に負けるな 「さくらんぼ風っこ号」が運行開始
 サクランボ狩りシーズンに合わせてJR東日本が運行している風っこ号は2両編成、定員136人。区間は山形~寒河江駅で途中、北山形、羽前山辺、羽前長崎に停車する。料金は乗車券に510円の指定席料がかかる。
  イベントにはミス花笠の石井優里亜さん(20)や米沢市のマスコットキャラクター「おせんちゃん」が登場、サクランボの振る舞いやプレゼントが当たるじゃんけん大会などで参加者を沸かせた。
 始発列車に乗り込んだのは約100人。外した窓からは出発と同時に初夏の風が吹き込み、乗客たちは心地よさそうに線路沿いの田園風景を楽しんでいた。
 運行は7月3日までの土日で、1日2往復。現時点で25日以降の列車にはまだ席に余裕がある。問い合わせは050・2016・1600(JR東日本お問い合わせセンター)。