徹底して山形に密着したフリーペーパー

冒険写真家 星野浩平さんがトークショー/クアハウス碁点

2011年3月11日
 村山市のクアハウス碁点で5日、冒険写真家の星野浩平さん(72、右から2人目)によるトークショー「世界最速でエベレストを登った男」が催された。
冒険写真家 星野浩平さんがトークショー/クアハウス碁点
 星野さんはこれまでに世界113カ国の5000メートル超の山々への登頂に成功。20年前から登山前には必ずクアハウス碁点を訪れてジョギングなどの体力づくり、カロリー調整された食事メニューが提供される「ヘルスアッププラン」を利用し、登山が終わって帰国すると保養のため同施設を訪れているという。
 この日のトークショーにはエベレストまでの往復時間の最速ギネス記録を持つラクパ・シェルパさんとガイド役のギャルゼン・シェルパさんもゲストとして参加。エベレスト固有の植物やネパールの文化など星野さんらが撮影した写真とともに紹介された。
 集まったトレッキング愛好者らは「5000メートル付近でも4月上旬に雪解けが始まっており、かつてない現象。地球温暖化の影響ではないか」と環境を危惧する星野さんの指摘に真剣な表情で聞き入っていた。