徹底して山形に密着したフリーペーパー

フリーパーソナリティー ドンキー 佐藤 さん

2010年12月10日
本名・佐藤浩一(さとう・こういち) 1962年(昭和37年)山形市生まれ。日大山形高校卒業後に勤めた製造業を6年で退社、喫茶店、中華レストラン、パブなど接客業で働くかたわらYBCラジオ番組「芹川晴夫の土曜生生ランド」でリポーターを務めた。現在は山形市のフランス料理店「マチルダ・ベイ」支配人とYBCラジオ番組「ドンキーのいいのぉー庄内!」パーソナリティーの二足のわらじを履く。48歳。
フリーパーソナリティー ドンキー 佐藤 さん

8年目突入「いいのぉー庄内!」
   毒舌で盛り上げています。——

——始めまして。
 「どうも。でもやまコミは毎号見てますよ」
 
人気のラジオ番組

——ゴメン、ボクは佐藤さんのラジオ番組聞いたことなくて…。
 「放送は毎週土曜日の午前11時から12時まで。もともと30分、1クルーだけの予定だったんですが、予想外に好評で8年続いてます。YBCの番組でも聴取率はトップクラスじゃないかな」
 「自分は山形市の出身ですが、奥さんが遊佐町だったのと、庄内の団体や企業がスポンサーなので最初のうちは庄内の話題だけでした。でも今では全域に広げてます」
——どんなキャラなんですか?というのもボクとあなたが似てるって読者からの手紙があって、それで気になってこうして伺った次第で…。
 
売りは毒舌

 「以前はただうるさいだけでしたね。今は毒舌で売ってます(笑)」
——ということはボクも毒舌だと思われてるのか、やっぱり(苦笑)
 「スタイルが変わったのは離婚してからですかね。子どももいなかったからこれで失うものは何もないと。同時に一回きりの人生、好きなようにやろうと」
——そんなに好き放題やってるの?
 「やってますね。言葉尻をとらえたロクでもない投書とか、明らかに自分の意見と異なる意見は徹底的に潰します。『お前、それはおかしいだろ〜』とか」
——え〜!「お前」とか言っちゃうんだ?
 「言っちゃいますね。ある時なんか「バカ」って言ったらお年寄りからさんざん苦情がきましたけど(笑)」
 
時には煽るのが自分流

——ボクは全然そこまで過激じゃないし、自分では毒舌とも思ってないんだけど、批判的な意見を取り上げて、それに対してこちら側の意見を伝えるっていうのは大事なことだと思うけどね。
 「そう思いますね。山形ってみんな仲良く目立っちゃイカンっていう社会だから反対意見そのものが出にくい。それを煽ることで引き出せれば番組も活気づくし、だから支持されていると」
 
活動はYBCラジオ

——ラジオの仕事はもっぱらYBC?
 「現状そうですね」
——むこうは屁とも思ってないんだろうけど、うちは山新グループとはいちおう敵対関係にあることになってて、タダで番組の宣伝するってのも何だかなあ(苦笑)
 「いいんじゃないでしょうか(笑)」